横浜最大級のパフォーマンスイベント「新横浜パフォーマンス」11月3日(土)4日(日)開催
新横浜パフォーマンス2017
  • 横浜F・マリノス
  • テーマソング
  • 横浜市

開催によせて

林市長横浜市長 林 文子

横浜の秋を盛り上げる「新横浜パフォーマンス2018」が盛大に開催されますこと、誠におめでとうございます。康乗実行委員長をはじめ、開催にあたりご尽力いただきました皆様へ、心より感謝申し上げます。

今年のテーマは「キックオフ!ここから世界へ。」来たるラグビーワールドカップ2019TM、東京2020オリンピック・パラリンピックで競技会場となる日産スタジアムが、11月3日、4日の2日間、大いに沸き立ちます。和太鼓が競演する「SHINYOKO TAIKO FESTA 2018」や、「YOKOHAMA Rugby Football Village 2018」など、熱気あふれるプログラムが繰り広げられます。

ぜひ御家族、御友人とご一緒にお越しいただき、地域の方々の熱い思いで盛り上がる新横浜の街を、存分にお楽しみください。心よりお待ちしています。

 

 

山口会長公益財団法人 横浜市体育協会
(新横浜公園 指定管理者代表団体)
会 長 山口 宏

新横浜公園・日産スタジアムへようこそ!
日産スタジアムは1998年にオープンして今年で20年を迎え、この新横浜パフォーマンスをはじめとした地元地域のイベントから国際大会までさまざまな舞台となってまいりました。さらに、翌年に迫った「ラグビーワールドカップ2019TM」では決勝戦の会場として世界各国から来場者をお迎えいたします。この機会に新横浜、さらには横浜市全体の活性化につなげるとともに、多くの皆様に感動をお届けできればと考えております。
私たち新横浜公園・日産スタジアムは、これからも地域の皆様と共に、新横浜パフォーマンス2018「キックオフ!ここから世界へ。」を大いに盛り上げてまいります!
ご来場の皆様も、さまざまなプログラムを心ゆくまでお楽しみください。

 

横浜マリノス株式会社
代表取締役社長
黒澤 良二

この度、第26回目を迎える「新横浜パフォーマンス」の開催にあたり、心からお慶び申し上げます。そして、日頃より横浜F・マリノスにご支援、ご声援を頂き誠に有り難うございます。
今年も共催者として一緒に新横浜パフォーマンスの更なる盛り上がりに貢献できますことをとても嬉しく思います。
今年の新横浜パフォーマンスのテーマは「キックオフ!ここから世界へ」です。新横浜パフォーマンス初日に開催するホームゲームFC東京戦でのキックオフを合図に、このイベントが魅力的で活気溢れる2日間となりますよう私たちも全力で戦い、「勝利」を通じて華を添えさせて頂ければとても嬉しい限りです。
さて、Jリーグは今年、節目となる25回目のシーズンを迎えました。
その中、私たち横浜F・マリノスは1993年開幕以来、25シーズンをJ1リーグで戦って参りました。
その誇りを胸に、今シーズンのF・マリノスは、魅力あるアタッキングサッカーを展開することで、皆様に感動と笑顔をお届けいたします。そして残りの試合はもちろんのこと、これからも皆さまの後押しのもとクラブ一丸となり更なる飛躍を目指して参ります。
ぜひ、新横浜パフォーマンスにご来場頂く多くの皆さま、そして地域の皆さまからの心強いご声援を頂けますよう宜しくお願いいたします。
多くの皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております。

 

 

神奈川県ラグビーフットボール協会
会長
丹治 明

新横浜パフォーマンス2018の開催を心よりお慶び申し上げます。
横浜を代表するこの大イベントが今年で26回目を迎えると伺い、新横浜町内会並びに新横浜パフォーマンス実行委員会、さらに地元関係者の皆様のご苦労や情熱に敬服の念を禁じ得ません。

2002年にサッカーのワールドカップ決勝戦を開催されました「横浜国際総合競技場」が、来年2019年のラグビーワールドカップの舞台になります。
決勝、準決勝を含む合計7試合の熱戦が繰り広げられる様が目に浮かび、心が沸き立つ思いでございます。
私ども神奈川県ラグビーフットボール協会といたしましても、上記試合の主管協会として、競技運営のみならずホスピタリティーや危機管理といった全ての面におきまして、皆様と心を一つにして臨みたいと願っております。

ラグビーワールドカップ2019TMの決勝戦は、ちょうど1年後の11月2日に、この地で行われます。
今年の新横浜パフォーマンスは、まさにその1年前の決起イベントと認識しております。皆様と新横浜で出会い、力を合わせるスタートラインに立てたことを光栄に存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。